現 代 G P ・ 公 開 フ ォ ー ラ ム
《つくば市をキャンパスにした社会力育成教育》
―社会力を育てるOCP(Off Campus Program)の実践-

昨年度、文部科学省から、現代GP(現代の教育ニーズにマッチした優れた教育実践)の一つとして選定された本学の「つくば市をキャンパス(学びの場) に、豊かな社会力を育てる」教育を、アメリカをはじめとする先進諸国の大学でなされている「社会参加型の学習」や、近年わが国の大学においても行なわれ始 めた「実践重視型の教育」と比較することによって、本学の教育実践のユニークさと、その意義ないし価値を再認識していただくことが今回のフォーラムの趣旨 です。多数の参加をお待ちしております。
ポスターは→ こちらです。
1.日 時 平成19年7月28日(土)13時から17時
(※12時受付開始)
2.会 場 筑波学院大学 講堂(大教室)
茨城県つくば市吾妻3-1 ℡ 029-858-4811
アクセスマップは→ こちらです。
3.定 員 500名
4.参加対象 本学及び本学のユニークな教育に関心のある方は、どなたでもご参加いただけます。
5.参加申込 7月20日(金)までに、「参加申込書」に必要事項を記入しFAX、または、メールにて申込み下さい。当日は直接会場受付にお越し下さい。
参加申込書ダウンロードはこちら→ Word版PDF版
6.参加費 無 料
(ただし、交流会に参加する方のみ1,000円いただきます。)
7.プログラム
13:00 開会の辞 吉田 眞澄  筑波学院大学教授・学部長(OCP推進室長)
13:10 基調講演 佐々木 毅
  学習院大学 法学部教授 (前東京大学総長)
  演題 「日本の若者と市民意識」
14:10 OCP説明 金久保 紀子  筑波学院大学准教授(OCP推進室員・教務委員長)
14:20
学生発表 OCP学生スタッフ活動報告・OCP活動報告
14:40 休 憩 (学生によるポスター発表があります)
15:00 報 告 和栗 百恵  
  早稲田大学平山郁夫記念ボランティアセンター客員講師 
  演題 「海外における社会参加型学習の動向と意義」

興梠 寛
  日本ボランティア学習協会 会長 
  演題 「日本におけるボランティア学習の動向と意義」

関 正樹
  関彰商事㈱ 代表取締役社長 
  演題 「企業が求める人材の資質能力と社員の社会貢献活動」
16:10 NPO法人
発 表
松浦 幹司
  NPO法人つくば市民活動推進機構 副代表理事・事務局長 

及川 ひろみ
  NPO法人宍塚の自然と歴史の会 理事長

松原 卓朗
  NPO法人茨城県南生活者ネット 代表理事
16:40 謝 辞 門脇 厚司  筑波学院大学 学長
16:50 閉会の辞 吉田 眞澄  筑波学院大学教授・学部長(OCP推進室長)
17:00 交流会 学生主催(1時間位を予定しています)

 

問い合わせ先: 筑波学院大学 学務課 鈴木・飯田
〒305-0031 茨城県つくば市吾妻3-1
TEL  029-858-4813  FAX  029-858-7388
E-mail:gakumu@tsukuba-g.ac.jp